2017/6/16~18 熊本研修旅行

  今年も全員参加とはいきませんでしたが、九州へ研修旅行に行ってきました。

  熊本城の復旧の状況、熊本アートポリス作品見学など、
  歴史的建造物から現代建築まで幅広く見学してきました。


6/16
 まずは、「学問の神様」としても有名な菅原道真公が祀られている、太宰府天満宮へ。
 平日の午前中ということもあり、ゆっくり参拝できました。
 左上の写真は、隈研吾氏により「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトをもとに設計された
 門下町にあるスターバックス太宰府天満宮表参道店です。
 記念撮影をしている人も多く、存在感ありました。(素敵な外観ですが、yu-go-shiteru…?)


 サービスエリアで手みじかに昼食を済ませ熊本へ。さあ、ここから怒涛の建物見学です。



 「宇土市立網津小学校」
   白を基調とした、明るい光の差し込むとても明るい学校でした。
   中庭は、先生方のアイデアでテーブルと椅子を置きランチルームとして利用していました。

 「八代市立あけぼの保育園」
   広々とした空間と、格子状の天井が印象的な建物でした。
   園長先生から、今後の設計に生かして欲しいと貴重なアドバイスをたくさん頂きました。

 「未来の森ミュージアム」
   整備された小高い丘の緑と金属的なR形屋根・外観とのコントラストが印象的な建物でした。
   また、竣工してから年数は経っていましたが、劣化の感じられない建物でした。
   石のオブジェもなんだか気になります。。。

  本日の締めは「熊本城」  
   復旧工事中のため、市役所展望台からの見学。これもまた貴重な景観でした。
   まだまだ先ですが、工事が完了した時是非また訪れたいです。    

 やっと1日目終了です! 



6/17
  2日目は、まず「熊本市営団地群」を見学しました。(竣工当時の写真とは、だいぶ違っている気がしました)
  美観を維持することの難しさを痛感。


 昼食をはさんで、林業の盛んな町「小国町」へ移動です。


 「小国ドーム」
   カメの甲羅のようなインパクトのある外観と、木造立体トラス構造の天井が印象的でした。
   2階の客席、木の質感が醸しだす雰囲気が、柔らかく心地良かったなぁ。  

 「北里小学校屋内運動場」
   小学校6校が統合し、今は閉校して小学校体育館としては使用されていませんでした。
   地域のコミュニティスペースとして今でも利用されているようですが、住民や子どもたちとの
   ワークショップを何度も重ねつくられた建物があまり使用されていないのは、悲しいですね。  


 2日間の建物見学終了です!
 さあ、別府鉄輪温泉へ
 ちょっとだけ地獄めぐり&湯治場散策!


6/17
 最終日は移動のみ。福岡空港から仙台空港への直行便が満席で、中部空港で乗り継ぎです。
 最後に旅館前で記念撮影。寄りすぎてどこかわかりませんが…  




ページのトップへ戻る